まず、見学・体験に来てみましょう!

晶玉会は、入会の前に道場の見学をお薦めしています。
見学の際には玄黄二刀流の体験も出来ますので、稽古の雰囲気を体験可能です。
見学したい稽古場所が決まりましたら、お申込みページから申し込んでみてください。
また、サムライ体験プログラムも用意しています。場所は神田にある本部道場です。
まず稽古着に着替え、大小の刀を帯刀します。抜刀、納刀、真向斬り、袈裟斬りを稽古後に、
居合形を学んでいただき、最後に試し斬りに挑戦です。
約2時間の有料プログラムです。希望される方や問い合わせは下記のメールアドレスへ
御連絡を御願い致します。
 メールアドレス:samurai@mugai.or.jp

武道の経験は無くても大丈夫です。

年齢、性別、体力により格差が広がりがちなスポーツと違い、武術である居合・剣術は、老若男女が長く楽しむことのできる大人の趣味です。
晶玉会の会員はサラリーマン、OL、主婦、リタイヤ組など多様なメンバーで構成され、武道の経験が無い方が殆どです。

稽古に必要な道具は稽古着と居合用模擬刀です。

稽古では、胴着と袴を着用します。居合用の稽古着であれば、どこでお求めいただいたものでも
構いません。
既に剣道や合気道の稽古着をお持ちの方は、そちらで稽古に参加する事も可能です。
但し、国際大会・昇級昇段審査など当会が定める公式行事には、指定の刺繍入り稽古着、襦袢の着用が必要となります。
また、正座での稽古が多い為、膝パットも着用します。必要に応じて、足袋の着用も可です。
居合刀は、刃のついていない模擬刀を使用します。観賞用に売られているレプリカ品は強度が
弱く、稽古に耐えられませんので、必ず居合用模擬刀を使用する必要があります。
居合用模擬刀の購入については、各稽古場所の指導担当に御相談を御願い致します。
サムライ体験の様子