無外流とは

無外流の流租は辻 月丹資茂(すけもち)です。元は兵内(へいない)と言う名でした。
1648年(慶安元年)に生まれ、13歳から26歳迄、山口流剣術を学び、免許を得ました。
山口流は、山口右馬之助家利(号は卜真斎)により創設された流派であり、創設当時は 二刀流
の形3本と大刀の形2本のみでした。後日、弟子の新富田 某が大刀の形7本、小太刀 (脇差)
の形7本を追加し、大刀の形を表、小太刀の形を裏と呼ぶようになり明治元年(1868年)まで
富山藩で継承されて来ました。

兵内は、この山口流の免許皆伝者として江戸に道場を開きました。
また、同時に学問と心の練磨の必要性から禅の修行を吸江寺の石潭禅師のもとで行い、
20年間参禅した後に後を継いだ神州和尚から石潭禅師の名で、下記の偈(げ)を与え
られました。

一法実無外(いっぽうじつにほかなし)
乾坤得一貞(けんこんいっていをう)
吹毛方納密(すいもうまさにみつにおさめ)
動着則光清(どうちゃくすればすなわちひかりきよし)

1693年(元禄六年)に兵内は資茂と改名し、流派も偈に基づき無外流と改めました。
無外流は、江戸時代から明治時代以降も存続し、第11代宗家の 中川 士竜が無外流居合術
と無外流剣術に自らの工夫を加えて、無外流居合兵道を創始しました。
私達が学んでいるのは、この無外流居合兵道です。

中川 士竜の後に、無外流免許皆伝者は複数人いますが、その中の一人である新名 玉宗が
宗家である無外流(明思派)に私達 晶玉会は所属しています。

無外流の稽古の内容

無外流の稽古は居合・組太刀・試斬を行います。
居合はこの動画の様に、一人で行う居合形の演武になります。


居合形は下記の20本を稽古します。
五用 五箇 五応 走り懸り




水月
陰中陽
陽中陰
響き返し
破図味
胸尽し
円要
両車
野送り
玉光
前腰
夢想返し
廻り懸り
右の敵
四方

しかし、ただ居合の稽古だけでは相手との間合いが分からず、ともすればただの刀踊りに
なってしまう可能性もある為、お互いに木刀で打ち合う実戦的な組太刀の稽古も行います。
木刀ではなく、水道管に緩衝材を巻いたソフト剣で稽古する場合もあります。
組太刀はこの動画の様に、一対一で稽古します。


組太刀は下記の27本を稽古します。

太刀 小太刀 無外流剣術 神道流四通 神道流八通
北斗
太白
稲妻

流星
切留
突留
受流
切上
位詰
獅王剣
翻車刀
神明剣
水月感応
玉簾不断
受流
咽中
三受留
突出
相寸
相寸(逆)

左輪
乳拂
受返
二刀合
擦込

玄黄二刀流とは

玄黄二刀流は、山口流を無外流(明思派)宗家 新名 玉宗が再編纂した流派です。
1.「最短・最速」で斬る。
2.「出来るだけ無駄を省く動き」で斬る。
という事を主眼にしています。
私達は無外流を稽古して来た後に、無外流の源流である山口流を研究して創設当時の二刀流に
行き着きました。
二刀流は一刀流よりも強いです。刀一本で二刀流と立ち合ったら、上下左右どこから来るか
分からない二つの刃に如何に対処するか考えなければいけません。
と言うか、考えている間にやられるでしょう。
2本の刀と1本の刀、どちらが強いかと言うシンプルな論理です。
最強の玄黄二刀流を是非、我々と稽古しませんか?

玄黄二刀流の稽古の内容

玄黄二刀流の稽古は居合・組太刀を行います。
居合はこの動画の様に、二本の刀による居合形の演武になります。

居合形は10本あります。
晃 雨   晶 玉   暁 星   和 光   建 礼
初 音   慶 龍   太 平   承 明   宗 源

組太刀は、この動画の様に二人で実戦的な打ち合いの稽古をします。
組太刀の形は45本ありますが、ここでは25本の方の名を記載します。
雷     霞     五月雨   野 火   雲 漢
光 暈   静 山   顕 祥   蒼 穹   飛 翔
天 馬   虚 空   夢 幻   隆 昌   回 天
華 精   幻 影   青 狼   風 神   乾 坤
蓬 莱   塵 外   春 灯   霜 剣   豊 穣

無外流(明思派)/玄黄二刀流 宗家 新名 玉宗の御紹介


1948(昭和23)年10月2日大分県津久見市生まれ、68歳。若年の頃より合気道を
始めとする各種武術を学び、二十代の時、神道夢想流杖道と無外流居合兵道の師に
出会う。
その後、三菱重工業株式会社に勤務する傍ら、全三菱合気道同好会の中で武道の
研鑽を積み、1986年に同会に於いて杖道、居合道の指導者に就任。
1987年、39歳にして東京都杖道連盟を創設、杖道と居合道の一般への普及に着手。
1994年には同連盟の居合修道者を中心に武道教授団体 吹毛会を設立した。
その後、吹毛会を関東居合道連盟等17団体に分割して、2007年にNPO法人無外流
を設立し、2008年に財団法人無外流に組織変更を行った。
無外流居合兵道の修道者としては、1986年師範、1996年免許皆伝、1998年範士、
1999年宗家継承(無外流明思派宗家の名乗りは2004年から)。
他に東征流短杖護身術宗家、玉心真刀流宗家、神道夢想流杖道、内田流短杖術、
一心流鎖鎌術、一角流十手術、中和流短剣術各範士八段。
2013年に無外流の源流である山口流の二刀流を玄黄二刀流として再編纂。